農業生活に憧れる方への情報です!

大規模な土地で農業を行う

日本において、「農業」のイメージは、いなかのおじいさんの趣味のような感じがあるのではないでしょうか。
特に近年では、専業農家の減少によって更にそのようなイメージが定着したといえます。
しかし、世界に目を向けると、農業は立派なビジネスであるといえます。
日本と世界の大きな違いはその規模です。
日本の特徴は、土地が狭いため、どうしても小規模農家になってしまい、事業として利益があがりにくい傾向にあります。
これが、広大な敷地を有する国であるならば、大規模な土地を有する大規模農家がそのほとんどをしめ、さらに、規模のスケールメリットを活かして、生産コストを大幅に下げビジネス化に成功しています。
日本の農業は、そのほとんどが補助金に頼りきっている状態であるといえ、早期に休耕地などを利用して大規模化を図る必要があるといえます。
近年では農家も法人化が可能となり、徐々にではありますが、事業として見直されてきているといえます。

新たに農業を始める人に土地を用意する自治体

農業に従事する人口は全国的に減少傾向にあります。
というのも地方から都会へと働き手が流出し過疎化が急速に進んでいるためです。
そのために手入れをされずに荒れたまま放置されている農地が増加しているのです。
そこで、そんな問題を抱えている各地方の自治体は、若い働き手を誘致するために様々な政策を行なうようになりました。
たとえ農業経験がない人でも積極的に取り入れ、生活の基盤を整えるために家を用意することで移住しやすい環境を整え、農地となる土地を提供しているのです。
また、経験がない場合においては経験者の指導を受けることもでき、収穫した作物を市場に出すまでのサポートをするなど、生活から仕事まで全面的にバックアップしているのです。
それほど過疎化は深刻化しており、農業従事者の減少が進んでいることを表しているのですが、こうした動きの中で、新たなビジネスが地方で生まれ活性化に繋がる動きも徐々にではありますが出始めています。

Valuable information

最終更新日:2016/6/24