農業生活に憧れる方への情報です!

日本全国で増加している農業の求人

現在、日本において農業従事者が減少していることが問題となっています。
農家が高齢化していることもそうですが、都会に働きに出てしまう人が増加してしまい、後継ぎがおらず、田畑が放置されたまま荒れ放題になっている状態のところも珍しくありません。
そのために各地で農業従事者の求人を出し、人材を募集しているのですが、なかなか集まらないのが現状です。
そこで行政は農業従事者の数を増加させるために、様々な手段を用いるようになりました。
例えば田畑を期限付きではありますが無償で貸し出したり、引っ越しを伴う際には家や生活の面倒をみたりと、農家を志す人が仕事を始める際に越えなければならないハードルを低くしようとしています。
また、気候や災害などによって不安定になりがちな収入を安定させるために補助金を出したり、新しい条約を制定したりと、人が集まるようなバックグラウンドを整備しており、仕事面や生活面などあらゆる面でサポートをする体制を整えています。

農業の求人に出会うには

農業で働いてみたいと思っても、自分に何ができるのかも、何があっているのかもわからなく、どうしたらいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。
手始めにできる事として、農林水産省の就農支援プログラムを利用することや、全国新規就農相談センターで相談するという方法があります。
また、各自治体にある就農支援窓口で調べたり、ハローワークのような一般の求人情報を公開している場所やサイトで探すこともできます。
求人の種類も個人の農家で働くという形や、個人の経営する農場や牧場で働くという形のほかに、一般企業や財団などの経営する会社形式のところに就職する形など、選択肢が広くなってきています。
いきなり就職するのではなく、農業系の専門学校などを経由すると、自分の向き不向きがわかり、求人も多く集まるので、自分にあった仕事に出会い易くなる可能性があります。
また、インターンシップなどの制度が準備されている場合もあるので、参加すれば、適応力を確認してから仕事に就くこともできます。

Favorite

2015/12/2 更新